薬草のたっぷり入ったオイルマッサージで爆睡

アーユルヴェーダに興味があり、知り合いからの紹介で新宿三丁目駅から近いマッサージのお店で施術を受けました。
まず丁寧にカウンセリングシートに記入し、その後、改善したい体の不調や特に気になるところ、相談したいことなどをセラピストさんと話しました。
体の温まるお茶をいただきながら、カウンセリングだけで大体20~30分はかかったと思います。
カウンセリングの最後に、オイルを選びます。オイルは7~8種類はあったように記憶しています。
初めは匂いで選ぼうと思っていましたが、どれも似たような香りで違いが分からず、効能で選ぶことにしました。
聞いたことのないものばかりで名前を忘れてしまいましたが、新陳代謝を良くするオイルを選びました。
アロマオイルのようないい香りとはちょっと違いますが、薬草がたくさん入った、重厚で濃厚な香りです。
オイルを選んだ後は施術室へ。バスローブ・ガウンに着替えて、最初に10分ほどフットマッサージを受けました。
お湯にはペパーミントの香りがついていて、さわやかな気分になりました。
フットマッサージの次はいよいよ背面のボディマッサージです。軽い刺激の後、温めたオイルを足全体に伸ばしていくところから気持ちよくなって、だんだん眠くなってきました。
足と足裏が温まってくる頃には意識が遠のいてきて、足の次に背中もマッサージと受けたと思いますが、全然記憶にありません・・・。
気がついたらマッサージは終わっていて、オイルに包まれた安心感と肌が潤っている心地よさで、しばしぼーっとしました。
マッサージ自体の時間は正味40分程度でしたが、もっと長く受けていたように感じました。
オイルを拭きとって終了。匂いやベタベタが気になる場合はシャワーで洗い流してくださいと言われましたが、オイルのしっとりとした感触が気持ちよく、そのまま帰ることに。
最後に白湯をいただき、身体の硬かったところや、おすすめのストレッチなど教えていただき終了しました。
何回かリピートしましたが、閉店してしまいとても残念です。

ホームに戻る